転職業界ニュース

有効求人倍率が上昇中!数字の意味と上昇の謎に迫る

何かとニュースで話題の有効求人倍率

仕事を探している人(求職者)1人あたりにどのくらいの仕事の数(求人件数)があるかを現している数字です。

2008年のリーマンショック後の2009年に有効求人倍率が0.42と1人あたりの求人件数が0.4件程度だったのが、2018年には1.6倍と1人あたり1.6件の求人件数がある状態まで急上昇しています。

 

コンサル山田
有効求人倍率1.6倍は過去最高なんだ

 

人手不足と騒がれていますもんね。
秘書ひとみ

 

しかしこの有効求人倍率、実は計測の方法が特殊で今の転職市場とはかけ離れている可能性があったり業種や地域別で大きな差があったりと、単純に「有効求人倍率1.6倍だから仕事選び放題!」ということでも無いんです。

ということで今回、この有効求人倍率についてわかりやすく解説するとともに、有効求人倍率1.6倍に隠された謎や疑問についてもご紹介していきます。

有効求人倍率が急上昇し人手不足と騒がれている今の時代、転職市場の実態はどうなっているのでしょうか。

 

適職診断を受けましょう

有効求人倍率とは?

有効求人倍率とは仕事を探している人(求職者)1人あたり何件の求人があるかを示している数字でです。

 

有効求人倍率の計算方法

有効求人倍率=求人件数÷仕事を探している人(求職者)

 

有効求人倍率は厚生労働省が毎月発表をしています。参考厚生労働省「一般職業紹介状況」

 

単純に有効求人倍率が1を超えると仕事を探している人1人あたりに1件以上の仕事がある状態で「売り手市場(人手不足状態)」、有効求人倍率が1以下の場合は「買い手市場(人手が余っている状態)」です。

一般に求人倍率が高いと企業がより多くの人材を求めている状態なので、それだけ経済状況が活発だと考えられています。

そして2018年ではこの有効求人倍率が1.6倍を超えたのです。(仕事を探している人1人あたり1.6件の求人募集がある状態)

 

有効求人倍率推移

厚生労働省のデータを元に当サイトで作成

 

有効求職者数と有効求人数の推移

厚生労働省のデータを元に当サイトで作成

 

ただこの有効求人倍率はハローワーク(公共職業安定所)での有効な求人件数と求職者の数字で算出されています。

 

コンサル山田
実際に今の時代、ハローワークを通さずに仕事を探してたり募集している人が多数だろう

 

そのため有効求人倍率が現在の転職市場そのものというより、有効求人倍率は「全体の傾向」として捉えておくのが良さそうです。

有効求人倍率が現している数字の謎や疑問については次の章でご紹介します。

 

都道府県別有効求人倍率について

2018年の平均では1.61倍と過去最高水準と言われていましたが都道府県ではどうなっているのでしょうか。

有効求人倍率は都道府県によっても大きく異なります。都道府県別有効求人倍率を多い順に並べてみました。

 

都道府県 2018年平均
全国 1.61
東京都 2.13
福井県 2.07
広島県 2.05
岐阜県 2.00
石川県 1.99
・・・・ ・・・・
鹿児島県 1.31
青森県 1.30
高知県 1.27
長崎県 1.25
神奈川県 1.20
北海道 1.18
沖縄県 1.17

 

やはり東京は有効求人倍率が高くなんと2.1倍。求職者1人あたりに仕事が2件以上ある状態です。

それに対して北海道や沖縄では1.1倍台と低くなっています。

都道府県によって有効求人倍率が1.1〜2.1倍と大きく開いているのです。

 

職業別有効求人倍率について

また職業によっても有効求人倍率は大きく異なります。

 

職業 有効求人倍率
 建設躯体工事の職業 10.67
 建築・土木・測量技術者 5.51
 家庭生活支援サービスの職業 5.71
 介護サービスの職業 4.01

 

建設躯体(鉄筋工事・大工工事)や建築・土木・測量と言った建設業関係、また家庭なども含めた介護支援サービスも平均より大幅に高くなっています。

 

職業 有効求人倍率
 一般事務の職業 0.38
 会計事務の職業 0.81
 美術家、デザイナー、写真家、映像撮影者 0.55

参考厚生労働省「一般職業紹介状況」より作成

 

 

反対に一般事務職や会計事務といった事務職やデザイナー関係も有効求人倍率が低くなっています。

 

コンサル山田
このように都道府県別・職業別で大きく異なるんだ。

 

有効求人倍率って一言でいっても何倍も差があるんですね。
秘書ひとみ

 

 

有効求人倍率の謎

有効求人倍率の謎

 

この急上昇していると言われている有効求人倍率ですが、いくつか疑問があります。

 

転職市場の現しているの?

前述の通り、厚生労働省が発表している有効求人倍率はハローワーク(公共職業安定所)での数字が元になっています。ハローワークに登録してある求人数を求職者数で計算されています。

転職活動をする際、転職先が決まる前に退職すると失業保険などの関係でハローワークで求職することはありますが、在職中に次の転職先を決めた場合はハローワークを介さないで転職する人がほとんどです。

 

在職中に次の仕事を探し、転職エージェントや転職サイトなどで転職先を決めた場合はカウントされません。また企業側もハローワークに求人を出さずに転職エージェントや転職サイトなどで人材を探している会社も多数あります。

 

コンサル山田
ハローワークはたしかに混んでいるが…ハローワークを介さない転職も多いだろう。

 

企業側もハローワークは電話・FAXといったアナログなところがあるので、求人を出しにくい点もありますよね。
秘書ひとみ

 

ハローワークだけの数字で「求人数が増えている」「求職者が減っている」と見るのは転職市場の現状とは異なってきていそうです。

 

特定の職業だけ有効求人倍率が低い

特定の職業だけ低い

 

2018年の有効求人倍率が1.61ですが、職業によって10倍から0.3倍台と大きな開きがありいます。

とくに「事務職」が求職者数約500万人と全職業の中で一番多いにも関わらず、有効求人倍率が0.38倍と低くなっています。

 

介護や飲食関連職での有効求人数が大幅に超過となる一方で、一般事務 の職業は大幅に有効求職者数が超過となっているなど、職業別のミスマッチが生じている。

引用PDF内閣府「マンスリー・トピックス 人手不足感の高まりについて(2018年3月2日)」

 

中には退職後、「とりあえず求職活動、職業は事務職で」とハローワークに登録している人もいるでしょう。

また大企業などでもは一般事務職を減らしシステム化などを推進している流れもあります。いずれ人がやっていた業務を自動化・システム化して無くそうという流れもあり、「一般事務」という職業も以前より求められなくなりつつあります。

有効求人倍率でいえば一番求職者が多い「事務職」が0.38倍という数字になっているので、「とりあえず事務職で」という人を正確に分類することで大きく変わっていく可能性もあります。

 

参考
事務職って
「中小企業の事務職について」実はこんなに業務の幅が広いんです

「事務職」ー 皆さんはこの職種に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。 経理事務や人事労務事務、法務関連などの専門性が高い事務業は別として、一般事務や営業事務といえば「気配りができれば簡単にでき ...

続きを見る

 

\ たったの10秒無料診断 /

>> 10秒転職診断はコチラ! <<

有効求人倍率について まとめ

近年上昇中の有効求人倍率についてご紹介してきました。

何かと話題に有効求人倍率ですが、ハローワークのみの数字だったり、職業によって大きな差があるので、転職を考えている側としては1.61倍に上昇!がそのまま当てはまるとは限りません。

しかしながら全体の傾向として人手不足感があるということは現しています。

 

コンサル山田
とはいえこの状況もいつまで続くかわからないからな。

 

もちろん安易な転職はおすすめしませんが、人材を求めている企業は増えていますので今より条件アップを考えているならチャンスでしょう。また現在フリーターや職歴なしとった方も、正社員で入社する最後のチャンスです。

転職するタイミングの指標として毎月発表される有効求人倍率について注目していきましょう。

 

参考
職歴なし
「職歴なし」でも就職問題なし!80%が成功した仕事選びから履歴書、面接の方法まで解説

「職歴なし」から希望の会社へ就職ってできるのでしょうか。 大丈夫です。 有効求人倍率が上がっている今のタイミングであれば「職歴なし」からも希望の会社への就職が充分に可能です。   ただし企業 ...

続きを見る

参考
フリーターから正社員へ
フリーターから正社員になろう!2019年最大の就職チャンス到来中〜就職完全マニュアル

「結局いろいろ考えたけど…一生フリーターは生活が不安定」 「フリーターのままだと結婚はどころか老後の事も考えられない」 「責任も給与もしっかりある仕事にもう一回チャンジしたい」 など理由はいろいろあり ...

続きを見る

 

【必見】仕事辞めたい&仕事合わないそんな方は・・・

\今すぐ読もう!/

やりがいのある仕事&年収アップのポイントとは

仕事で悩んでいる人・転職を考えている人必見の記事です。

 

【無料】仕事・転職で悩んでいるなら適職診断でスッキリ解決!

転職診断を受けましょう  

【必見】転職を成功させるためには

転職エージェントを紹介する漫画

\これで転職成功!/

転職エージェントおすすめ一覧

転職エージェントの選び方から活用方法まで

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
転職コンサル山田

転職コンサル山田

新卒で東証一部上場企業⇒ベンチャー企業転職⇒100人規模の会社へ転職し採用担当⇒株式上場⇒ストックオプションを行使してその資金で会社設立。現在ウェブコンサルと転職コンサルの会社を経営 。

よく読まれている記事

転職エージェントおすすめ 1

いまや転職を成功させるためにかかせないのが転職エージェント。 以前は年齢・スキル・経験によって転職の方法は異なり、たとえば以下のような方法で転職活動をしていました。   以前までの転職方法 ...

フリーターから正社員へ 2

「結局いろいろ考えたけど…一生フリーターは生活が不安定」 「フリーターのままだと結婚はどころか老後の事も考えられない」 「責任も給与もしっかりある仕事にもう一回チャンジしたい」 など理由はいろいろあり ...

20代後半で仕事辞める 3

コンサル山田仕事辞めたいって思うときは誰にでもある。   一生働ける仕事に巡り会えら幸せだけど…2人に1人は転職する時代ですから秘書ひとみ   「今の仕事辞めたい」社会人なら誰でも ...

やりがいのある仕事とは 4

「やりがいのある仕事」ビジネスパーソンは起きている時間の半分以上、仕事に関わっているのですから、心の底からやりがいを感じる仕事に就きたいものですよね。 仕事がやりがいある人生幸福度も上がります。 そん ...

転職口コミサイト 5

「転職活動を始めよう!」となった時の企業調べで強い味方になるのが転職口コミサイト。 実際にその企業で働いたことがある人が書き込んでいる口コミ意見はとても貴重ですよね。   でも転職口コミサイ ...

-転職業界ニュース
-

Copyright© 転職マニュアルZ , 2019 All Rights Reserved.