ビジネス用語集

ミッシングワーカーとは?消えた労働者その実態について解説します!

ミッシングワーカーとは

働き盛りのはずの40、50代の中高年のうち、6人に1人が働いていないと言われ、その数は増加傾向にあります。

様々な事情により、仕事をしない・働かない選択をする人たちは、求職活動をしていないので失業者の統計に反映されず、労働市場から消えた状態の「ミッシングワーカー」になっています。

 

コンサル山田
まさに、ミッシング=消えた労働者なのです。

 

なぜミッシングワーカーが増えているのか、その理由と実態について解説します。

 

適職診断を受けましょう

ミッシングワ-カーとは?

ミッシングワーカーとは

働かず、求職活動もせず、親の収入(主に年金)に依存して暮らす40、50代の中高年が増えています。

雇用統計上、求職活動をしていない人は失業者の数に含まれておらず、労働市場から消えた状態の人たちのことを「ミッシングワーカー」と呼びます。

 

働きたくても働けない事情をもつ人がほとんどで、望んでミッシングワーカーになったわけではありません。しかし、ミッシングワーカーの数が増えているのは事実で、社会的問題にもなっています。

総務省「人口推計」(2018年)によれば、40~64歳人口は 4,235万人に対し、ひきこもりの推計数は61.3万人と推測されています。

 


その内訳は男性が76.6%となっています。

ミッシングワーカーが必ずしも完全なひきこもりというわけではありませんが、これだけ多くの働き盛り世代の男性が「働いていない」のは事実なのです。

 

 

ミッシングワ-カーの問題点

ミッシングワーカーの問題点

ミッシングワーカーが社会的問題とされる理由について解説します。

大きな社会的損失

少子高齢化の日本において、労働人口が減っていく中での中高年のミッシングワーカー化は大きな社会的損失です。

40、50代の中高年といえば、職場ではリーダーや管理職にあたり、バリバリ働いてたくさんの利益を生み出す、そんな存在であるはずです。

そんな彼らが働かない、利益を生み出さないわけですから、景気が上向きになるわけがありません。

こうした問題はリーマンショック後、なかなか景気の回復が見込めないアメリカでも大きな社会問題になっています。

 

貧困層の増大

ミッシングワーカーは失業状態と同じですから、当然収入がありません。

親の年金に頼って生活をしている人が多く、親が亡くなって年金が途絶えて貧困に陥る人も多いのです。

速やかに再就職できれば良いのですが、長年のミッシングワーカー生活によって、働く意欲をなくしてしまう人もいるのです。

 

 

\ たったの10秒無料診断 /

>> 10秒転職診断はコチラ! <<

ミッシングワ-カーに陥る原因

なぜミッシングワーカーになってしまうのでしょうか。その原因について解説します。

 

親の介護での離職

親の介護が原因で離職し、そのままミッシングワーカー化してしまう人も多いと言われています。

親が裕福であったり、自分の収入に余裕があれば、介護施設へ親を預けることもできますが、経済力がない場合は自分で介護するしかないのが現状です。

正社員なら「介護休暇」「介護休業」を利用することができますが、雇用期間が短い非正規労働者は対象外で、利用することができません。仕事と介護の両立をすることができず、介護のために働くことを諦めて、ミッシングワーカーとなってしまう中高年が非常に多いのです。

正社員であっても油断は禁物です。

親の介護のために離職したことがきっかけでミッシングワーカーになってしまう人もいるのです。

 

非正規労働者の増加

雇用期間を限った非正規労働者の増加は、1990年代初めのバブル経済崩壊がきっかけとなり、正社員をリストラして、低賃金のパートや派遣社員に置き換えたことが原因です。

自ら「企業に束縛されず、好きなように働きたい」という人が増えたことも遠因になっています。

 

様々な働き方を容認する良策のようにも見えますが、「契約期間が終了したら終わる」仕事なので、先行きが不安定な雇用形態であります。また、正社員であればあるはずの様々な支援制度(介護休職制度など)が非正規労働者にはありません。

非正規労働者は企業にとって都合の良い労働力でしかありません。非正規労働者であっても、次から次に仕事があるなら良いのです。

 

しかし非正規労働者の仕事は比較的「簡単にできる仕事」「誰でも行うことができる仕事」であることがほとんどなので、仕事のスキルが育つということはほとんどありません。

仕事スキルが低いまま年齢だけ高くなっていくようでは、仕事の選択肢もなくなり賃金もどんどん低くなっていきます。次の仕事を見つけることもままならず、気づけばミッシングワーカーに陥っていたということは十分ありえるのです。

コンサル山田
派遣社員と正社員についてはコチラの記事でもまとめているぞ。

派遣社員から正社員

 

自分の病気

自分の病気や体調不良を理由に離職した後、再就職できなかった場合にミッシングワーカーとなってしまうケースもあります。

働くことができるほど体調は改善されているのに、長期間仕事から離れていたことによる自信喪失や、最低賃金の非正規雇用しか仕事がない状態で、働く意欲が低下しミッシングワーカー化してしまうのです。

 

 

適職診断を受けましょう

ミッシングワ-カーにならないために必要なこと

ミッシングワーカーにならないために

ミッシングワーカーは誰に身にも起こりうる問題です。

正社員で働いていても、些細なことが原因で働けなくなって、再就職したくてもできずにミッシングワーカーとなってしまうこともあるのです。

ミッシングワーカーにならないためにはどんなことが必要なのでしょうか。

 

早期の再就職

離職しても、再度働けるようになった時にすみやかに再就職することが大切です。仕事から離れている時間が長くなればなるほど、再就職のハードルが高くなります。

無職の期間が長すぎると、採用する企業側も「ちゃんと仕事できるのか」と不安になりますし、本人も自信がなくなってしまうのです。

できれば正社員を目指すようにしましょう。

長期間離職していた人に強い転職サイトもありますし、働きたくても働けない人のための生活困窮者自立支援制度といったものもあります。「社会との関わりに不安がある」「他の人とコミュニケーションがうまくとれな

い」など、直ちに就労が困難な方に一般就労に向けた基礎能力を養う支援や就労機会の提供を行います。

早期に働く意欲を取り戻し、社会に復帰するように努力しましょう。

 

介護施設の利用

育ててもらった親を想うあまりに、介護施設は利用せず自分でみようとする気持ちはわかります。親本人が介護施設の利用を嫌がることもあるでしょう。

しかし、親はいつか先に亡くなります。

子自身の生活が先々まで安定するよう努力することが一番大切です。自分で介護するために正社員の仕事を離れるべきなのかは今一度しっかり考えましょう。

非正規労働者であっても、積極的に介護サービスなど福祉支援を受けるようにしましょう。

 

社会とのつながりを持ち続ける

人間にとって社会的承認は生きていく上で大切なものです。

これが損なわれると「自分は不必要な人間だ」という極端な思い込みに発展する恐れがあり、うつ状態に陥ることもあるのです。

実際、セルフネグレクトに陥ってゴミ屋敷に引きこもる原因も、ミッシングワーカーであることが少なくありません。

ミッシングワーカーは社会と切り離され、貧困に陥っていても支援の手が届かず、孤立していることが多いのです。ミッシングワーカーにとって必要なことは、社会とのつながりを取り戻し、また社会で働くことができるようになることです。

可能であれば、例えば介護しながらでも短時間、例えばデイサービスに預けている時間だけでも仕事を続けた方が良いです。仕事は一度離れてしまうと戻るのが不安になるものですし、外で働くことによって社会とのつながりが保てるからです。

 

コンサル山田
職歴なし・フリーターからの就職についてはコチラの記事でまとめているぞ。

職歴なし・フリーターからの就職

 

 

\ たったの10秒無料診断 /

>> 10秒転職診断はコチラ! <<

ミッシングワ-カーへの理解と支援を

中高年の非正規労働者に親の介護がのしかかるとどうなるのか、ミッシングワーカーの実態を紐解くことによって明らかになりました。

ミッシングワーカーの問題は日本だけでなく、労働者に格差があり、弱い立場におかれている労働者が労働市場から排除されがちなアメリカをはじめとする先進諸国に共通する現象であることがわかってきています。

各企業がこうしたミッシングワーカーを生み出さないよう、働き方の多様性を模索してしますが、制度が追い付いていないのが現状です。

ミッシングワーカーは特別な存在ではなく、ふとしたきっかけで誰しも陥る可能性があるのです。

参考“消えた労働者”ミッシングワーカー「働く」と「介護」の狭間で(NHKスペシャル)

 

関連記事
職歴なし
職歴なしから就職するためには?20代、30代、40代、アルバイト歴有・無別に徹底解説【保存版】

「職歴なしからでも就職できます!」 そんな簡単な言葉で説明している転職サイト・転職情報サイトの記事多くありますが、「職歴なし」からの就職をひとくくりでは説明ができません。 20代の職歴なしと40代の職 ...

続きを見る

関連記事
派遣社員から正社員
派遣から正社員になれるの?方法は3つ!メリット・デメリットを紹介

派遣社員という働き方。 自由な働き方で正社員と比べ責任が少なく、また仕事内容によっては時給換算すると正社員より高くなることもあります。 そんな派遣社員で働くのもいいですが、将来を考えるとやっぱり正社員 ...

続きを見る

関連記事
ニートから就職
ニートからの就職!今なら選択肢が多くあるので人生復活のチャンスです

「ニートだけどそろそろ就職したほうが良いかな、でも…」と悩んでいる人へ、今はニートから就職する大チャンスです。   ニートになった経緯は人それぞれあります。 仕事を辞め数ヶ月間無職の状態で働 ...

続きを見る

関連記事
フリーターから正社員へ
フリーターから正社員へ就職完全マニュアル!2020年人生最大の就職チャンス到来中

「結局いろいろ考えたけど…一生フリーターは生活が不安定」 「フリーターのままだと結婚はどころか老後の事も考えられない」 「責任も給与もしっかりある仕事にもう一回チャンジしたい」 など理由はいろいろあり ...

続きを見る

【無料】仕事・転職で悩んでいるなら適職診断でスッキリ解決!

転職診断を受けましょう  

【必見】転職を成功させるためには

転職エージェントを紹介する漫画

\これで転職成功!/

転職エージェントおすすめ一覧

転職エージェントの選び方から活用方法まで

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

転職コンサル山田

新卒で東証一部上場企業⇒ベンチャー企業転職⇒100人規模の会社へ転職し採用担当⇒株式上場⇒ストックオプションを行使してその資金で会社設立。現在ウェブコンサルと転職コンサルの会社を経営 。

よく読まれている記事

転職エージェントおすすめ 1

いまや転職を成功させるためにかかせないのが転職エージェント。 以前は年齢・スキル・経験によって転職の方法は異なり、たとえば以下のような方法で転職活動をしていました。   以前までの転職方法 ...

フリーターから正社員へ 2

「結局いろいろ考えたけど…一生フリーターは生活が不安定」 「フリーターのままだと結婚はどころか老後の事も考えられない」 「責任も給与もしっかりある仕事にもう一回チャンジしたい」 など理由はいろいろあり ...

20代後半で仕事辞める 3

コンサル山田仕事辞めたいって思うときは誰にでもある。   一生働ける仕事に巡り会えら幸せだけど…2人に1人は転職する時代ですから秘書ひとみ   「今の仕事辞めたい」社会人なら誰でも ...

やりがいのある仕事とは 4

「やりがいのある仕事」ビジネスパーソンは起きている時間の半分以上、仕事に関わっているのですから、心の底からやりがいを感じる仕事に就きたいものですよね。 仕事がやりがいある人生幸福度も上がります。 そん ...

転職口コミサイト 5

「転職活動を始めよう!」となった時の企業調べで強い味方になるのが転職口コミサイト。 実際にその企業で働いたことがある人が書き込んでいる口コミ意見はとても貴重ですよね。   でも転職口コミサイ ...

-ビジネス用語集
-

Copyright© 転職マニュアルZ , 2020 All Rights Reserved.